原まさふみ行政書士事務所

鳥取県西伯郡の「原まさふみ行政書士事務所」では、融資/補助金/会社設立サポートなど幅広くご対応しております。

業務案内
ホーム > 業務案内 > 相続/遺言

相続/遺言

  • 行政書士は書類作成のスペシャリストです。

    行政書士とは、行政機関への申請書類の作成や手続き、その他様々な書類の作成を皆様に代わって行う国家資格を受けた専門家です。
    その作成する書類や手続きの範囲は広く、事業を行う上で必要な許認可の申請から相続、遺言の手続き、契約書の作成など、暮らしの中の身近な問題にも対応いたします。

行政書士は街の身近な法律家。
  • 行政書士法で定められた仕事の内容

    各種書類の作成
    ・官公薯に提出する書類
    ・権利義務または事実証明に関する書類

    代理・相談業務
    ・官公薯に提出する手続についての代理
    ・聴聞または弁明の機会の付与の手続きの代理
    ・契約その他書類の代理作成
    ・書類の作成について相談に応ずること

行政書士は書類の作成だけに限らず、生活するうえで、または事業を行ううえで、起こる様々な問題に対してご相談に乗ることができます。
そして、必要に応じて弁護士、税理士、司法書士など他の専門家と連携して問題解決のサポートをいたします。
相談したいことはあるけど、どこへ行ったら良いか分からない…そのような時はまずは行政書士へご相談ください。

相続手続

相続手続
  • 遺産分割協議書作成

    他の相続人との関係が比較的良好で、相続人も少なく、協議がまとまる見込みがある方に向けたサービスです。
    必要資料はお客様ご自身でご用意いただくことになります。

  • 遺言について

    遺言について

    遺言は、これを遺しておくことで、被相続人の意志を相続人に伝えると共に、思い通りに遺産を承継させることが可能となります。

    ただし、相続人から遺留分を主張されることは考えられます。

    また、将来の相続争いを避けるため、残された家族に対する思いやりとして、一つの形を残すことが大切です。

  • 自筆証書遺言

    遺言書作成にあたっては、依頼者の方と十分な打ち合わせをし、遺言の内容、遺言書作成の動機、依頼者の方の性格や能力、遺言書の書き換えの可能性の有無など、種々の状況を総合的に判断して、依頼者の方のニーズにかなう方式で柔軟にサポートをいたします。

    自筆証書遺言は、緊急を要する場合や、できるだけ費用をかけずに作成したい場合等に適しています。
    しかし、その名の通り、すべて自筆で書く必要があります。

    当事務所の遺言書作成支援は、相続人確定調査、相続財産調査を行い、それぞれの調査を経た後に、相続人関係図や財産目録を作成いたします。
    そして、その資料を基に遺言書の原案作成に取り掛かります。

    これらの調査を行い、書類を作成しておくことで、他の相続人の遺留分を侵害していないか、また主要な財産を遺言書の記載から漏らしていないか等を確認することができます。

    さらに、当職が遺言執行者となる場合には、遺言の効力発生後、相続人らに対する通知や、相続財産目録の作成を速やかに行うことができ、スムーズな相続手続きが可能になるメリットがあります。

  • 公正証書遺言

    公正証書の場合は遺言の作成自体に“公証人及び2名以上の証人の立会い”が必要となり、一定の手間と費用がかかります。

    しかし、第三者が関与しているために証明力が高く、方式不備等で遺言が無効になることはほとんどありません。
    また、作成後の遺言書原本は公証人によって保管されるので、後日の紛失・改ざんの恐れもありません。

業務案内

  • 原まさふみ行政書士事務所

    〒689-4234
    鳥取県西伯郡伯耆町畑池2134
    TEL:050-3591-6765

    鳥取県の米子市を中心に対応